コンブチャクレンズで和菓子もジャムも作れちゃうお手軽レシピ

さて、今回は前回に引き続き、スイーツづくり第3弾です。

もちろん今回も簡単×時短レシピで作ってみました。やっぱり小さいお子さんがいる方なら分かると思いますが、手作りスイーツってすっごく喜びませんか?

市販のおやつよりも全然手間も時間もお金もかかっていないのに、目をキラキラさせて喜んでくれると、また作ってあげよう!って気持ちになりますし、とても嬉しいものですね。

今回挑戦したのは、初の和菓子、コンブチャクレンズ×くず餅です。

>コンブチャクレンズ公式サイト

コンブチャクレンズ×くず餅の作り方

和菓子なんて作ったことありません。 基本、買うものだと思ってますからね。でも、家にある材料で簡単にくず餅が作れちゃうのには本当にびっくりしました。

まずはくず餅の材料からです。

材料(2〜3人分

片栗粉 40g
グラニュー糖 40g
豆乳 170cc
コンブチャクレンズ 30ml
きな粉 大匙3

① 材料を用意

たったこれだけの材料です。

写真ではすでに片栗粉・グラニュー糖を混ぜてあります。きな粉はバットなどに広げておきます。

片栗粉はだいたい家に常備してあるものですよね。グラニュー糖は普通の上白糖でもかまいません。

わざわざないからって買い出しに行かなくても大丈夫ですよ!糖分が気になる方は、グラニュー糖の量を調整してくださいね。

② 片栗粉・グラニュー糖・豆乳・コンブチャクレンズを鍋に入れて中火にかける

木べらでひたすらよく練ります。
だんだんと重くねっとりとした塊になってきますが、頑張って練り続けましょう。

③ クッキングシートの上に広げて粗熱をとる

写真のような色・固さになったら火をとめましょう。

④ 包丁で食べやすい大きさに切り分ける

⑤ 切り分けた餅をきな粉のバットに広げる

くっつかないように切り分けた餅をきな粉の入ったバットに並べて、きな粉をまんべんなくまぶして出来上がり。

これは本当に簡単!材料を揃え始めてから20分くらいで完成したんじゃないでしょうか。

きな粉の甘さとコンブチャクレンズのフルーティーさが今までに味わったことのない組み合わせで、なかなか美味しいです。

きな粉がなかったらそのままでも十分美味しいと思います。黒蜜やあんこでアレンジしてもよさそうですね。

ちょっと甘いものが食べたい!と思った時に、家にあるものでささっと作れるのがポイントです。

我が家の2人の子ども達も、夕食を食べた後にもかかわらず、完食してしまいました。
お子さんのおやつにもおすすめですよ。

甘味が強いのが気になる方は、グラニュー糖・コンブチャクレンズの量を加減してみてくださいね。

あったかい日本茶と一緒に食べたくなる味です。

さて、もう一つ購入したときから作ってみたかったものを作ってみました。

コンブチャクレンズ×りんごジャムの作り方

コンブチャクレンズの濃厚なマンゴー味を知ってから、ずっと作りたかったもの、それはジャムです。

マンゴージャムの感覚で作れないかなぁといろいろと調べてみたのですが、それだけだと液体なので食感が足りないかなと思い、今回はりんごを加えて作ってみることにしました。

ジャムづくり、一度やってみたかったんですよね。我が家は朝パン派なんですが、美味しいジャムって意外とお値段も高いですし、添加物なんかも気になっていました。
>コンブチャクレンズについて

では、材料というほどのものではありませんが材料から。

材料

りんご1個
グラニュー糖 70g
レモン汁3〜4滴
コンブチャクレンズ 30ml

今回はりんごで作りましたが、お好きなフルーツで良いと思います。

① りんごの皮をむいて1.5cm角くらいに切り、塩水に5分くらいつけておく

りんごの変色を防ぐために切ってすぐに塩水につけるのがポイントです。
ピンク色のジャムにしたい場合には、りんごの皮をむかずに皮の赤い部分を使ってもOK。

② りんごの水をきって、グラニュー糖・レモン汁・コンブチャクレンズと一緒に弱火にかける

ふたをして弱火にかけます。5分おきくらいに木べらでりんごをつぶしながらしっかり混ぜます。
くれぐれも焦がさないようにしてくださいね。

③ 全体がねっとりしてくるまで混ぜたら火をとめ、粗熱をとって煮沸消毒した保存容器に入れて冷蔵庫へ

朝食のヨーグルトに混ぜてさっそく食べてみました。

美味しい!!!マンゴーとりんごの甘味が濃厚ですごく美味しいです。

ヨーグルトだけでなく、パンやスコーン・パンケーキなどとあわせても良いと思います。

りんごをたくさんもらって食べきれない、なんて時は大量のりんごを使ってジャムを作ってみることをおすすめします。

私みたいな初心者でも失敗なくあっという間にできましたから。
そのままだとあまり甘味がないりんごや、傷み始めてしまったりんごなんかもジャム作りには重宝すると思います。

今回は試しに少量だけ作ったのですが、次回はもっと大量に作りたいと思います。

きな粉の効果

さて、今回のレシピで使ったのがきな粉。

実はきな粉ってダイエットや老化防止などにも効果があることをご存知でしょうか?

栄養満点のきな粉牛乳

昔、母親からきな粉牛乳を勧められて飲んでいた時期がありました。

当時は、何にいいのかはよく分からなかったけど、健康にいいんだな、とは思っていましたね。

元々きな粉好きなので、好んで飲んでいた記憶があります。

冷たいきな粉牛乳よりも温めたきな粉牛乳の方が、母親が好きだったということもあり、飲むときは必ず温めて飲んでいましたね。

今も冷え性体質なので、基本的に冷たい飲物よりも温かい飲物の方が好きです。

冷えたきな粉牛乳を飲むと体も冷えてしまいそうなので、温めてゆっくりと味わって飲みたいですね。

きな粉に含まれる成分による効果

きな粉は大豆からできています。

大豆にはタンパク質をはじめ、鉄・カルシウム・マグネシウムなど多くのミネラルが豊富に含まれています。

【大豆イソフラボン】

・新陳代謝を促進
・肌・髪を綺麗に
・生活習慣病を防ぐ
・更年期障害を防ぐ
・ガンリスクを少なくする
・PMS症状の軽減
・バストアップ効果
・アンチエイジング
・骨粗鬆症を防ぐ

【大豆オリゴ糖】【食物繊維】

・腸内環境を整える
・便秘改善

【リノール酸】【ビタミンB】【ビタミンE】

・育毛促進

【大豆サポニン】

・肥満を防ぐ

りんごの効果

今回、ジャムに使ったりんごも、大変体に良い果物と言われています。

「りんご風呂」「りんごパック」など聞いたことのある女性も多いと思いますが、 りんごには血液の流れを良くし、肌を綺麗にする働きがあります。

りんごに含まれる成分による効果

りんごには、いったいどのような栄養素が入っているのでしょう?

りんごを食べると口の中で甘い汁がじゅわーっと広がると思いますが、りんごのほとんどを占めているのは水分です。
残りの2割弱の栄養素にはどのような効果があるのでしょうか。

【ポリフェノール】

・老化を防ぐ
・抗酸化作用
・コレステロールを下げる

【カリウム】

・血圧を下げる

【ペクチン】

・悪玉コレステロールを減らす
・動脈硬化を防ぐ

【アップルフェロン】

・虫歯を防ぐ

体調が悪い時には、りんごを食べると良いと言われています。
小さい頃、体調を崩すと、母親がすりおろしりんごを作ってくれたのを今でもよく覚えています。
りんごをまるかじりするのももちろん美味しいですが、りんごを使ったレシピを知っておくときっと役立つのではないかでしょうか。
>コンブチャクレンズの購入はコチラ

まとめ

くず餅にジャム・・・すっかりスイーツづくりにはまっていますが、まだまだ作る気満々です。
意外とスイーツづくりが気分転換になっていて楽しいことに今更気づきました。
何よりも子ども達が喜んで食べてくれるので、作り甲斐があります。
次回はコンブチャクレンズ×豆乳ヨーグルトアイス、コンブチャクレンズゼリーを作ってみたいと思います。

The following two tabs change content below.

Aya Kashiwagi

大手美容クチコミサイトや美容クリニックなど美容業界に従事して約10年。正しいダイエット法やサプリの効果的な使用方法などのコラムや新作コスメや海外の美容法などを取材しています。